新着情報

【展示】「そこから造る未来」星野富弘と清田いさお 展(終了)

DATE:2015-09-14

ご あ い さ つ

 当美術館は、群馬県みどり市立富弘美術館の姉妹館として開館し、以来満9年を迎えました。開館10周年を前に、「そこから造る未来 ~星野富弘と清田いさお~展」を開催します。

星野富弘さんは、教師となってわずか2か月後24歳のとき、頚椎を損傷し寝たきりとなりました。しかし、その2年後には絵や文字を書き始め、多くの激励、人知れぬ努力、研さんを重ね熟練の域に達します。「器械体操も最初は易しい技を何百何千回と重ねていく中で、難しい技が出来るようになる。時間はたっぷりある。それと同じじゃないか」と言って挑戦し続け、『詩画』というジャンルを確立したのです。

一方、清田いさおさんは50歳のとき右半身が不随となりました。直後は障がいを負った体を、「どうしてか分からないが、恥ずかしく思った」そうです。しかし、「障がい者となることは恥ずかしいことなのか」と自問自答され、外へと一歩踏み出されます。積極的に人と交わること、何でもやってみることなど、挑戦し前向きに生きることの大切さを知ります。そして富弘さん同様時間はたっぷりあると、2年後にはリハビリを兼ねて絵や文字を書き始め心の叫びを表現しています。不遇の身体になって、富弘さんの詩画と出会い、自らを重ね合わせながら独創的な作品づくりに挑戦し続けています。

怪我や病気によるマイナスが、それぞれのスタートライン。まさに「そこから造る未来」日々努力を積み重ね、明るい展望を切り開いています。マイナスをプラスへ転じ、力強く生きるお二人の作品展です。

この機会に多くの方々にご高覧いただけたら誠に幸いです。

平成27年9月15日

熊本県芦北町長 竹 﨑 一 成

sokora1sokokara2

【展示】「生きているから」星野富弘と新立航大 展(終了)

DATE:2015-07-14

ご あ い さ つ

 当美術館は、群馬県みどり市立富弘美術館の姉妹館として開館し、満9年となりました。開館10周年を前に、「生きているから」星野富弘と新立航大 展を開催します。

富弘さんの詩画と、中学3年生の時、頸椎骨折の重傷を負い、半身不随になった新立航大さん(水俣市)の作品をご紹介します。

同じスポーツを愛し、同じ大けがを乗越えた二人の作品が奏でる、生きることの大切さ、人生を楽しむことの尊さを「なのはな」1975年他25点余と新立さんの作品10点を展示します。

 

☆チラシ(PDF)★

【展示】花のきらいな人なんか・・・展 (終了)

DATE:2015-05-12

ご あ い さ つ

 

当美術館は、群馬県みどり市立富弘美術館の姉妹館として平成18年5月に開館し、以来満9年を迎えました。今年は、開館10周年の前年という節目に当たり、「花のきらいな人なんか・・・展」を開催します。

このタイトルは、富弘さんが中学2年生のときの担任で美術教師だった冨田克己先生が発した「花のきらいな人なんかいねえよ」という言葉からとったものです。

人の出会いには、人生の岐路となるような影響を受けたり、感化されたりすることがあります。富弘さんにとってその中のお一人が冨田先生でした。富弘さんは、24歳のときの大怪我後、口に筆をくわえて絵を描こうと挑戦します。そのとき冨田先生の画法を思い出し描いた「はなにら(1990年)」には、「花のきらいな人なんかいねえよ」中学生のとき 美術の先生がなにげなくいった ひとことを 今も花の絵を描く前に つぶやいてみる という詩が添えられています。そのほか、「折れた菜の花」や「シンビジューム」など、冨田先生の影響を受けた作品が多く見受けられます。

人の一生では、何がプラスで、何がマイナスか分かりません。富弘さん自身1981年に結婚された際、式の参加者に一枚の色紙を配っています。その中には「苦しみにあったことは わたしにとって しあわせでした」という聖書の言葉を引用し自己の心境を表現しています。富弘さんが事故に遭ったことは、多くの励まし、多くの出会い、自らの研鑚(さん)等々含めてプラスであったということでしょう。

こうした努力の結晶である作品を、多くの方々にご高覧いただけたら誠に幸いです。

 

☆チラシ・表☆                      ★チラシ・裏★

Hanakira27-1      Hanakira27-2

【展示】星野富弘の詩画と第8回詩画公募入賞作品展(終了)

DATE:2015-02-10
平成26年度
第8回星野富弘の詩画と詩画公募入賞作品
 
会期:平成27年2月10日(火) ~ 5月10日(日)
※休館日:第2・4月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
 
 当美術館は平成18年5月に開館し、その翌年から全国初となる詩画公募展がスタートしました。以来今年度で第8回目の詩画公募展開催となります。
 星野富弘さんは、手足の自由を失う怪我で入院中、お見舞いのお礼状を書きたい一心から、口に筆をくわえて一所懸命文字の練習をします。その甲斐あってどうにか書けた葉書の2~3行、残りの空白にお見舞いに貰った花の絵を添えたのがその始まりです。現在では、手で書いていた文字と口で書いた文字がほとんど変わらないほどの上達です。その努力が結実し現在の文字は温かく多彩で変化に富み、絵に添えられた言葉の魅力を一層引き立てています。
 このような星野作品の持つやさしさを多くの方々に理解していただくとともに、やさしい心を表現した独創的な作品を小学生から大人まで広く募集しました。その結果、町内はもとより九州一円から1,882点の応募があり、非常に高い関心をお寄せいただきました。応募された多くの方々に心からお礼を申し上げます。
 入賞作は、果物、動植物、草花、大切な所有物など身近で多彩な題材をモチーフに、日常見落としがちな小さな命にスポットが当てられ、素敵な言葉が添えられています。その鋭い観察力と純真で個性豊かな感性が魅力となっています。一つの紙面に自らを重ね合わせながら、絵と詩が寄り添い、助け合うような関係は、富弘さんの制作理念です。夫婦も、家族も、地域社会も、そのように助け合って生きていけたら素晴らしい社会になるという考え方です。
 富弘さんの少年のような飽くなき好奇心、探究心等から醸し出される作品とともに、個性豊かで独創的な入賞作を一堂に展示します。星野作品に劣らぬ美的感性などをご高覧いただければ幸いです。
 どうぞ、ごゆっくりご鑑賞ください。

 ☆チラシ・表(PDF)☆         ★チラシ・裏(PDF)★

 SCAN1597-1    SCAN1597-2

平成26年度詩画作品入選作品発表!!

DATE:2015-02-09
当美術館では、平成26年12月1日から平成27年1月31日にかけて、詩画作品を募集しました。
今年は1,882点の応募があり、その中から24点が入賞しました。
入選作品は、2月10日(火)から、当美術館展示室内で星野氏の作品と共に、企画展「星野富弘の詩画と詩画公募展入賞作」と題して展示されています。
沢山のご応募、ありがとうございました。
※授賞式につきましては、通知等でお知らせいたします。
★入賞者一覧☆

【イベント】第一回水彩画教室のお知らせ(終了)

DATE:2015-01-15

小学校の時、色の三原色を混ぜることから始まった、図工の時間。

今では、「大人の水彩画」のキットがある昨今ですが・・・

実は、水彩絵具を使うのには、コツがいることをご存知ですか?

今回、第一回水彩画教室と題し、吉田耕一氏(湯浦)を講師にお招きし開催します。

是非この機会に、お越しください。

 

日程:平成27年1月24日(土) 10:00~16:00  

場所:きずなの里 休憩室

参加料:500円(入館料となります)

締切日:平成27年1月22日(水)

定員:20名

 

スケジュール:

受付:9:30~10:00 @美術館受付

午前の部:10:00~12:00

 ①何のために絵を描くか

 ②表現活動

   ⅰ観察、見る視点

   ⅱ視覚的認識の仕方

   ⅲ描き表わし方

お昼休憩:12:00~13:00

午後の部:13:00~16:00

 ①絵の具で表現する

  ⅰ光・物の形

  ⅱ立方体

②自然を描く

 

用意していただくもの:

・絵の具、・彩色筆(小・中)、・水入れ、・パレット、・消しゴム、・カッターナイフ

 

詳しいお問い合わせは、星野富弘美術館(0966-86-1600)まで、お電話ください。

【募集】平成26年度詩画作品を募集します。(終了)

DATE:2014-12-01

平成26年度芦北町立星野富弘美術館公募展 詩画作品を募集します。

 

おかげさまで、今回で8回目の開催となります。

 

今年度も、沢山の作品と出会えることを、職員一同楽しみにしています。

 

下記の募集要項をよくご覧の上、応募いただければと思います。

 

応募をお待ちしております!!

 

募集要項(PDF)

【展示】 未来を生きる君たちへ展(終了)

DATE:2014-11-11

平成26年度企画展

未来を生きる君たちへ 

 

会期:平成26年11月11日(火) ~ 平成27年2月8日(日)

※休館日:第2・4月曜日(祝日の場合は翌火曜日)

※年末年始:平成26年12月29日(月)~平成27年1月2日(金)

※平成27年1月3日は、臨時開館いたします!

 

 当美術館は、平成18年5月に群馬県みどり市立富弘美術館の姉妹館として開館以来、満8年を迎えました。

 この節目に当たり、「未来を生きる君たちへ展」を開催します。

 富弘さんは、器械体操、ロッククライミング、冬山の本格的な登山等いずれも体力勝負の世界に身を置き活動していました。しかし、中学校の教諭となってわずか2か月後、その器械体操が原因で手足の自由を失ってしまいます。

 しかし、その入院生活はマイナスばかりではなかったのです。富弘さんは、その群馬大学附属病院での9年間を「大学院」と位置づけています。同室には、「骨髄炎で足を切断したにも関わらず、それを歌にすることで、苦しみと楽しく戯れているかのような誰よりも生き生きとした詩情豊かな人がいた。私は苦しいとき、苦しいとしか言えない自分を淋しく思った。スキー大会で転倒して四肢麻痺となるも、奇跡的に回復した中学生がいた。でも、人の快復は、自分に淋しさとなり、どうしようもなかった。自分も詩心を見出したい、人の快復を素直に喜べるようになりたい」と課題や反省を述べています。大学院生活では、「生きる望みさえ失いがちな中に、明るく前向きに生きる人たちが居て、生きる喜びや希望を与えてくれ、多くを吸収し、自分を大きく逞しくしてくれた」と回顧しています。(新版『愛、深き淵より。』抜粋)

 以後、富弘さんは詩心に磨きをかけ、絵を描くことで生きる希望を見出しました。詩画を描くとき、いつしか一匹の蟻となって花びらの間を這いまわり、体中に花粉をつけているような錯覚を覚えるそうです。自然と共に歩み、生きる喜びを表現した作品を数多くご紹介します。

 県内外から、富弘ファンをはじめ多くの方々のご高覧をお願い申し上げます。

【展示】命一式ありがとう 日野原重明と星野富弘 展(終了)

DATE:2014-07-29

平成26年度企画展

命一式ありがとう 日野原重明と星野富弘 

 

会期:平成26年7月29日(火) ~ 11月9日(日)

※休館日:第2・4月曜日(祝日の場合は翌火曜日)

 

  
 当美術館は、平成18年5月に群馬県みどり市立富弘美術館の姉妹館として開館以来、満8年を迎えました。
 この記念すべき節目に当たり、「命一式ありがとう 日野原重明と星野富弘 展」を開催します。
 富弘さんは、けがに遭遇するまで器械体操、ロッククライミング、冬山の本格的な登山等いずれも体力勝負の世界に身を置き活躍していました。その器械体操が原因で手足の自由を失い、以来、悶々とした苦悩の闘病生活が続き、9年間の入院生活を送りました。
 しかし、その負の体験はマイナスばかりではなかったのです。富弘さんは失ったものより、与えられたものの方がはるかに多かったと回顧しています。元気なときには気付かなかったことに気付き、元気なときは見えなかったものが見えるようになった。そして、元気なときは到底接することがなかったであろう多くの人たちとの出会いがありました。それが富弘さんの描く詩画制作の原点になっているように思います。
 今回の企画展は、富弘さんが影響を受けた多くの人たちの中から、聖路加国際病院理事長、新老人の会会長日野原重明(103歳)さんにスポットを当てています。平成18年春、日野原さんが、赤城山の麓にある渡良瀬渓谷の美しい山間の里に、富弘さんを訪ね、二人はいのちの躍動と輝きについて語られました。その記録である対談集『たった一度の人生だから』(富弘:当時60歳、日野原:当時95歳)から、「いのち」や「痛み」など、日常の中では考えない大切なことについて語り合う部分を星野作品と共に展示します。お二人の経験に基づく言葉は、私たちの心にやさしく、また深く沁みこみます。
 県内外から、富弘ファンをはじめ多くの方々のご高覧をお願い申し上げます。

【展示】0.1の積み重ね 展(終了)

DATE:2014-05-13

平成26年度企画展

0.1の積み重ね 

 

会期:平成26年5月13日(火) ~ 7月27日(日)

※休館日:第2・4月曜日(祝日の場合は翌火曜日)

 

  
 
当美術館は、平成18年5月に群馬県みどり市立富弘美術館の姉妹館として開館以来、満8年を迎えました。
この記念すべき節目に当たり、「0.1の積み重ね展」を開催します。
富弘さんは、教師となって2か月後、器械体操の模範演技中の怪我によって、手足の自由を失います。体力に絶対の自信を持つ中での、不慮の事故でした。以後、悶々とした後悔の日々、やり場のない苦しみ、絶望の闘病生活が続きました。しかし、9年間の闘病生活中、母の寝食を忘れた手厚い看病と多くの人たちの励ましの中で、入院して2年後には口に筆をくわえて字や絵を描き始めます。
器械体操をしていた富弘さん。大学選手権に出場する程の、実力の持ち主でした。でも最初は易しい技を積み重ねていくことで、鉄棒や吊り輪が出来るようになる。字や絵も同じではないか、時間はたっぷりある。といって始めたのです。文字とは程遠い字が、丸みを帯びた独特な温かくやさしい字体へと変わっていきました。絵は、動けなくなったが故に、観察に比重を置き、その場に居るような精緻な描写が特徴です。添えられた詩文は、高校時代に暗唱した八木重吉、三好達治たちの詩が原点となり、その深みと優しさが伝わります。結果、「詩画」というジャンルを確立し、見事な大輪の花を咲かせ、「詩画作家 星野富弘」の誕生となりました。
『ゼロはいくつ足しても/ゼロだけれど/0.1でも残っていれば/いつか1になり/
百にだってなれる/数学は嫌いだったけれど/この足し算を/やって行こう/今の私は0.1
これは、富弘さんの「むぎのほ(1973年)」です。富弘さん自身が実体験した中から生まれた、自らを直視した鋭い詩文です。世の多くの人たちは、平凡で平穏な日常生活を送っています。しかし、生身の体はいつ大きな事故、病気、怪我等に遭遇するか分かりません。実際に事故に遭った富弘さんは、小さなことの積み重ね、それが幸せにつながるという考えを貫き、現在も意欲的に制作を続けています。
0.1の積み重ね展に県内外からの富弘ファンをはじめ、多くの方々のご高覧をお願い申し上げます。
 
« Older Entries Newer Entries »

無断で複写、複製コピーしたり、転載等、二次的に使用することはできません。
Copyright© 2011 Tomihiro Hoshino museum. All rights reserved.

〒869-5563 熊本県葦北郡芦北町大字湯浦1439-2
電話/FAX:0966-86-1600