新着情報

【展示】特別展「そこに美しい言葉が残った」/「夏の展示」

DATE:2019-07-12

特別展「そこに美しい言葉が残った」

同時開催「夏の展示」

開催期間:2019年7月9日(火)〜9月23日(月)

開館時間:午前9時〜午後5時

休館日:7月22日、8月13日、26日、9月9日

病室の窓辺に置かれた小さな花。ちょうどよいところに花がつき、ほどよいところに葉があり、そして、それに似合った太さの茎があり、とりのぞけるものも、付け加えられるものもない、完璧なまでの美しさに、星野富弘は花を描く術と出会います。虫に食われた葉も、踏まれてもなお起きようとする茎も、枯れかけた小花も、偉大な自然が創り出す草花は、どれも美しく、時には波のように激しい力強さを持っています。苦しみも悲しみも受け入れて生きている道端の草花に、星野は人間の姿を重ねてみるようになります。星野は、「雨風に打たれながら咲いた花を見ていると、花にも人格のようなものがある気がしてきたんです。」といっています。本展では、一輪の花と静かに向き合うことで生み出された作品の数々を展示するとともに、星野の思い出す事や考えさせられた事を綴ったエッセイを紹介します。

【展示】特別展「あなたからの贈りもの」/「初夏の展示」

DATE:2019-05-12

特別展「あなたからの贈りもの」

同時開催「初夏の展示」

開催期間:2019年5月14日(火)〜7月7日(日)

開館時間:午前9時〜午後5時

休館日:5月27日、6月10日、24日

病室のベッドの横の小さな本箱に立てかけられていた一冊の聖書。不慮の事故から1年9か月。自分の苦しみだけのために苦しみ、生きることをあきらめていた星野富弘は、恐る恐る開いた聖書の中で、高校生の頃に家の裏の土手で見た懐かしいことばに出会います。「すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。」(新約聖書 マタイの福音書)星野は、自分以外の人のために悩み、その人の幸せを祈っているクリスチャンと呼ばれる人々の姿に心ゆさぶられ、自身もそんなふうになりたいと思うようになります。聖書との出合いは、「誰かのために生きる」という、その後の星野の生きる姿勢を示すものとなります。本展では、『あの時から空がかわった』(いのちのことば社)に収録されている作品を中心に展示します。苦しみを希望に繋げようとする星野富弘の明日への世界を紹介します。

 

無断で複写、複製コピーしたり、転載等、二次的に使用することはできません。
Copyright© 2011 Tomihiro Hoshino museum. All rights reserved.

〒869-5563 熊本県葦北郡芦北町大字湯浦1439-2
電話/FAX:0966-86-1600